男性の脱毛

薄毛や脱毛で悩んでいる方はたくさんいますが、一言で薄毛、脱毛といっても様々な原因や種類があります。抜け毛が目立ってきたな、という程度ならば体調不良が原因の場合があります。例えば大きなストレスを感じている、運動不足、食事のバランスが悪い、生活が不規則、睡眠不足、髪をかきすぎて頭皮を傷つけてしまったなどの原因が考えられます。抜け毛が気になったらこれらのことに気をつけて改善してみましょう。脱毛症の大きな原因は男性ホルモンや遺伝、ストレス、生活習慣や食事が考えられます。

まず男性ホルモンの一種であるテストステロンは体毛のなかでも主にひげや胸毛の成長を促進しますが、頭髪の成長はやめてしまいます。毛根の細胞にある毛根細胞を萎縮させてしまうため、髪の毛の成長を止めてしまい、髪の毛が早く抜け落ちます。脱毛症において遺伝は大きな要素のひとつです。

遺伝を食い止める方法はありませんが、手入れを行うことで最近ではいくらか緩和できるようになりました。また、親や親戚などに薄毛がいないからといって薄毛や脱毛症にならないということではありません。ストレスは身体の正常な働きを邪魔してしまうため、あらゆる病気の原因となります。ストレスによって自律神経の働きやホルモンのバランスが悪くなり血行が悪化すると、身体全体に充分な栄養素を運ぶことができません。頭皮への栄養が不足すると髪の毛の成長が妨げられるため、薄毛や脱毛症の原因となってしまうのです。

[特別外部リンク]
発毛クリニックリーブ21が行っているコンテストのサイトです >>> リーブ21コンテスト